離婚に対して迷っているような場合にも申し立てをして夫婦の問題の解決に向けてアドバイスをしてもらうことができます。

調停離婚

 

調停離婚というのは、夫婦の話し合いだけで成立させることのできる

  • 協議離婚では、離婚に対する取り決めをまとめることができなかった場合、
  • 夫婦のうちのどちらかが不倫をしていたり、夫婦のうちのどちらかが一方的な暴力、暴言などによって相手を傷つけたりしているにもかかわらず、離婚に応じない場合

などに、家庭裁判所に離婚の申し立てを行い、調停委員のもとで、離婚についての話し合いをすることです。

 

 

 

調停の結果によっては、離婚が認められない場合もありますが、反対に考えれば、離婚に対して迷っているような場合にも申し立てをして夫婦の問題の解決に向けてアドバイスをしてもらうこともできるということです。

 

このような場合には、事前に家庭裁判所内に設けられている家事相談というコーナーで相談することもできます。

 

家事相談は無料で受けることができ、夫婦関係円満調整の調停や離婚調停の進め方、申し立てをする場合に必要な書類などといった具体的な手続き方法などを家庭裁判所の調査官や書記官などの担当者から教えてもらえます。

 

 

離婚の調停では、

    親権

  • どうしても離婚をする必要があるのか、
  • 離婚をする場合にはどちらが親権を持つのか
  • 親権を持たない方の親は面会できるのか、面会する場合には、そのような条件で面会するのか
  • また、養育費はどのような方法で支払いうのか
  • 養育費の額と養育費を支払う期間はいつまでなのかといった子供に関すること
  • 自宅やマンション、自動車、家具など夫婦で築いてきた財産はどのように分割するのか
  • 慰謝料の額はどのくらいにするのかなどの金銭に関すること

など、離婚に際して決めておかなければならないこと全般に関しての話し合いがおこなわれます。

 

 

調停は非公開で行われ、夫婦が同じ場で話し合いをすることはなく、それぞれが調停員に、離婚に至った理由や状況、離婚に際しての希望条件を伝え、調停委員がその内容に基づいて、夫婦それぞれが納得できる取決め内容となるよう、アドバイスをしながら話し合いを進めます。

 

 

>>協議離婚についてはこちら<<