離婚調停に負けてしまうと、調停不成立にしても、その後不利な事が多くなります。

離婚調停に負けた場合

 

離婚調停は、必ずしも自分の思惑通りに進むものではありません。

 

特に感情に任せて勢いで調停をしてしまった場合、相手の要望が優先される内容となってしまうことがあります

 

 

離婚調停で負ける具体事例を紹介すると、

 

  • 離婚が認められない
  • 慰謝料が支払われない
  • 親権を取られてしまう
  • 養育費が支払われない

 

などがあります。

 

離婚調停の場合は、自分だけではなく、相手側も自分が有利になるように努力をしていますので、しっかりと事前準備をしていても、負けてしまうのはよくある事です。

 

離婚調停を有利に進めるために重要なこと

 

 

負けてしまった場合のその後

離婚調停は、自分が認めなければ、調停成立とはなりません。

負けた人

 

ただし調停が認めない要望は、その後どんな方法を取っても、認められる可能性が少なくなってしまいます。

 

調停を不成立とさせた場合、再度直接や代理人を通じての話合いの席が設けられます。

 

しかし、調停の内容では勝っている相手が、その内容を妥協して話を進めてくれる事はほとんどありません。

 

調停に負けた後も、自分の主張を突き通すと、最悪相手側から離婚裁判へ進める手続きを取られる可能性が出てきます。

 

この場合、弁護士を雇うお金の問題が発生しますし、負ける見込みが強いと法テラスなどの補助サービスの利用も受けられない可能性が出てきます。

 

調停で負けた内容を裁判で覆すのは簡単な事ではないので、ある程度は妥協をする事を考えて、なるべく話し合いで着地地点を探した方が良いケースもあります。

 

 

 

子供の取り決めルールをしっかり決めておく

離婚調停で負けた時に一番のポイントとなってくるのが、子供の対応です。

 

親権を相手に持って行かれた場合、相手側の同意無しや、強引に自分の身元に残してしまうと、最悪、誘拐扱いとなり刑事告訴されてしまう場合もあります。

 

親権を相手に渡すのであれば、そこは妥協して、定期的に子供に会う取り決めをするなど、正式に離婚する前に明確なルールを作っておく事が必要です。

 

離婚をする際は、「子供にはたまに会わせる。」と曖昧な表現をされると、離婚後に相手から連絡が途絶えてしまったり、子供に会わせるのを理由なしに拒否されるケースもあります。

 

しっかり簡易的な書面や、「子供に会わせてくれないなら慰謝料も払わない。」などのルールを決めて書面に一筆もらっておくようにしましょう